木刀による基本剣道形

木刀による基本形について


1.単発技
  一足一刀から受けてが空けた所を振りかぶって面、小手、胴、突きの順で打つ。
2.二、三発の技
  一足一刀から受け手が空けた所を振りかぶって小手面の連続技。小手は小手の振りかぶり、面は面の振りかぶりがあり、同じではないことに注意する。
3.引き技
  一足一刀からまず掛かり手が振りかぶって面、受け手がそれを受けてお互い半歩前に出てつばぜり合い、手元をぐっと押してその反動を利用して下がりながら胴打ち。
4.抜き技
  受け手がまっすぐ振りかぶって面を打つ。受け手が打ってくるのに合わせて、掛かり手が斜め前に動きながら抜き胴を打つ。間合いを考えてしっかり前で胴を打てるようにする。
5.払い技
  一足一刀から掛かり手が受けての木刀を表から払って面を打つ。払って面を一連の流れで打てるようにする。
6.すり上げ技
  一足一刀から受け手が小手を打ってくる。掛かり手は一歩後ろに下がりながら、裏からすりあげてそのまま前に出て面打ち。
7.返し技
  一足一刀から受け手が面を打つ。掛かり手は前でしっかり返して、斜め前に出ながら胴を打つ。これもしっかり間合いを考えて間合いがつまりすぎないように注意する。
8.出ばな技
  受け手がほんの少し右足を出しながら手元をあげようとする。そこをすかさず小手を打つ。このときの小手はできるだけ小さく、振りかぶろうとせず構えたところから、そのままスッと手を前に伸ばすイメージ。
9.打ち落とし技
  一足一刀から受け手が真っ直ぐ胴を打つ。掛かり手は左斜め後ろに下がりながら、相手の胴打ちを打ち落とす。そのまま前に出て面を打つ。

以上9本!

注意点
・構えはしっかりと腰を入れて構える。
・振りかぶりを小さくする。剣先が天井に向くようにして面なら相手の面が見えるとこまで、小手なら相手の小手が見えるまで、胴も相手の動画見えるまで、最小限の振りかぶりを心がける。
・足を引き付けると同時に竹刀を振る。
・もの打ちで打てるように間合いを考える。